ワインエキスパート試験対策 白ワイン

ワインエキスパート二次試験対策/白ワインのテイスティング訓練スタート

投稿日:

テイスティング 白ワイン

こんにちは、moet(@ohitori_wine)です。

ワインエキスパート二次試験対策のために買ったワインセットでテイスティングの訓練を始めました。

【2017年の目標】ワインエキスパート試験に再チャレンジ~テイスティング訓練開始

白ワインのテイスティング訓練

楽天で購入したソムリエ・ワインエキスパート試験用のワインセットは、白4本、赤6本の10本セット。

白ワインのラインナップはこの4本。

ブルゴーニュ キュヴェ・ラトゥール
Bourgogne Cuve Latour Blanc

ブルゴーニュ キュヴェ・ラトゥール

生産国:フランス ブルゴーニュ
ワイナリー:ルイ・ラトゥール
格付け:ACブルゴーニュ
ブドウ品種:シャルドネ
アルコール度数:13%
タイプ:白 辛口

大手のルイ・ラトゥール社が造るACブルゴーニュの上級品の白。
ムルソーやピュリニーなどコート・ドール産にシャロネーズ産を加えて、密度と繊細さを持つ味に仕上げています。

白ワインで一番好きなブドウ品種のシャルドネ。

期待を外さず、美味しかった。

ヒューゲル アルザス リースリング
Hugel Alsace Riesling

アルザスリースリング クラシック・シリーズ

生産国:フランス アルザス
ワイナリー:ファミーユ・ヒューゲル
格付け:ACアルザス
ブドウ品種:リースリング
アルコール度数12.7%
タイプ:白 辛口

12代、360年の歴史を誇るアルザスの名門。
ドイツの代表的なリースリング種を、この品種らしいフルーティさに、エレガントさとミネラル感を持たせた辛口に仕上げています。

こちらからアルザスのヒューゲル社のワイン造りの哲学に関する動画が見られます。

この動画を見るとアルザスに行ってみたくなりますよ。

ワイン造りの様子も見られるので一次試験の勉強にも役立ちそう。

ミュスカデ セーヴル エ メーヌ シュル リー "ドメーヌ サン マルタン"
Muscadet Sevre et Maine Sur Lie "Domaine Saint Martin"

ムスカデ セーヴル・エ・メーヌ

生産国:フランス ロワール
ワイナリー:ドメーヌ ヴィネ
格付け:AOPミュスカデ・ド・セーヴル・エ・メーヌ
ブドウ品種:ミュスカデ
アルコール度数:12%
タイプ:白 辛口

ムスカデのスペシャリスト、ヴィネ家が2000年に傘下に納めたドメーヌのもの。
新鮮で生き生きとして酸度は十分だが、他の要素のバランスの良さがまろやかな味わいにしている。

普段、全く飲まないミュスカデのワイン。

シュール・リーとは、醸造過程で織引きせずに一冬越して、春に上澄みだけを瓶詰めしたものということを復習できました。

ミュスカデはムロン・ド・ブルゴーニュという別名もあります。

イスラ・デ・マイポ ソーヴィニヨン・ブラン
Isla de Maipo Sauvignon Blanc

イスラ・デ・マイポ ソーヴィニヨン・ブラン

生産国:チリ カサブランカヴァレー
ワイナリー:デ・マルティノ
格付け:DOカサブランカヴァレー
ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン
アルコール度数:13%
タイプ:白 辛口

著名な賞を受賞しているデ・マルティノ社のリーズナブル・ライン。果実味豊かな柑橘類を思わせるみずみずしさの中に、しっかりとした酸を持ち、クリスピーでバランスの良い味わい。

チリのワインはよく飲んでいますが、格付けとか意識したことがなかったので勉強になりました。

ただ、ワインを飲むだけじゃダメだと反省中です。

いきなりブラインドテイスティングしてもわからないだろうなぁと思い、1回目はそれぞれの味を確認。

じっくり味わって、よーく理解したつもりでしたが、全くわかっていませんでした。

2回目にブラインドでテイスティングしてみたのですが、大好きなシャルドネしか当てられなかった(涙)。

かなり訓練が必要な気がします。

テイスティング・コメントもトレーニングしないといけないけど、間に合うか(汗)。

でも、大好きなワインを飲むのが練習なので、楽しみながらがんばります。

★ワインエキスパート&ソムリエ二次試験対策用ワインセットの注文はこちらから

★テイスティングのお口直しに久しぶりにロデブを焼こうかな

【完璧に近い焼き上がり】少しのイースト&ホームベーカリーで焼くロデブ

-ワインエキスパート試験対策, 白ワイン
-,

Copyright© おひとりワイン , 2019 All Rights Reserved.