おつまみ

【完璧に近い焼き上がり】少しのイースト&ホームベーカリーで焼くロデブ

投稿日:

パン・ド・ロデヴ

こんばんは、moetです。お天気が良くなったと思ったら、名古屋はまた、夏のような暑さでした。あなたがお住まいのエリアはいかがでしたか?

こんなに暑いとよく冷えた泡で、おひとりワインしたいですね。が、まだ、禁酒中です。

でも、ワインにも合いそうなパンが上手に焼けたので、ご紹介します。

moetは、パンもあまり買うことがなく、ホームベーカリーで焼くことが多いです。中でも高橋雅子さんのイースト少な目のレシピが大好きで、この本に載っているレシピで焼くことがほとんどです。

高橋雅子さんのレシピは、小さじ1/4のイーストを天然酵母コースでゆっくり発酵させ焼くもの。

イーストがとても少ないので、イースト臭があまりしなくて、本当に美味しいパンが焼けます。

中でも一番のお気に入りが「ロデブ」というパン。

パン・ド・ロデヴ

この本を購入するまで、ロデブというパンがあることを知らなかったのですが、焼いてみたら、めちゃくちゃ美味しい♡

ハード系のパンなのに、中はしっとり。

パン屋さんで、ロデブが売っているのも見たこともないので、未だに本当のロデブの味はわからないのですが、こんなパンじゃないかな~というのは、この本のレシピで分かった気がします。

水分が多い生地ということなので、しっとりしていて、気泡もしっかり入っている感じじゃないかと。

パン・ド・ロデヴ

そんな理想に近いロデブが昨日、焼けましたっ!

高橋雅子さんのレシピをアレンジして、勝手に強力粉タイプの全粒粉をグラハム粉に替え、しかも準強力粉とグラハム粉の割合も変えて、グラハム粉も増やしてしまった。

もしかして、膨らまないかもなぁ~って思いつつ、スイッチを押し、焼き上がった時には爆睡。

ホームベーカリーから取り出すのが2時間以上遅くなったのに、moetの中で完璧に近いロデブが焼けるなんて。

めちゃくちゃうれしい~♡

って、パンってこんな風に調子に乗ってると、急に上手に焼けなくなってしまったりするのですが・・・・。

でも、少しのイーストレシピのロデブアレンジは、今後も果敢に続けていきたいと思います。

次は、どんなアレンジしようかな????なんて、リサーチしてたら、

「パン・ド・ロデヴ普及委員会」という素敵な会を発見!

高橋雅子さんのレシピは、「ロデブ」という表記ですが、「ロデヴ」だそうです。

確かに、「デヴ」「デヴ」じゃ違いますもんね(笑)。

ロデヴのふるさとは、ラングドック・ルーションにあるそうです。

ってことは、ラングドックのワインに合う!

が、moetはラングドックのワインが少々苦手・・・。でも、一度は試してみようと思います。

ロデヴは、名古屋のパン屋さんだと、ジョアンとドンクにあるみたいだから、本物のロデヴも食べてみよう。

型番は違いますが、ホームベーカリーはパナソニックを愛用中です。

*めずらしくラングドックワインのご紹介の記事
【秋の味覚】栗にあうワインとおすすめレシピ

-おつまみ
-

Copyright© おひとりワイン , 2019 All Rights Reserved.