おつまみ

少しのイーストアレンジレシピ/グラハム粉でロデブ風食パン

投稿日:

アレンジ ロデブ風食パン

こんにちは、moet(@ohitori_wine)です。

大・大・大好きなパン、ロデブ♡高橋雅子さんの少しのイーストで ホームベーカリー 天然酵母コースでゆっくり発酵 (少しのイーストでゆっくり発酵パン)のロデブ風食パンのアレンジで何回か焼いていて、失敗しない確信が持てたので、クックパッドにレシピを載せてみました。

ロデブ風食パンの材料

高橋雅子さんのレシピは粉は準強力粉と強力粉タイプの全粒粉を使用していたので、準強力粉のリスドォルと春よ恋の全粒粉を使っていました。

準強力粉リスドォル

春よ恋 全粒粉

アレンジレシピ誕生の理由

でも、グラハム粉のザクザク感が好きになってしまったので、全粒粉の替わりにグラハム粉でロデブを焼けないかなと思い、少なめの分量から始めて、少しずつ増やして焼いてみました。

深い理由はなく、焼いてみたかったというだけです。

でも、ただでさえ、少ないイースト分量。

そこにグルテンが少ない、グラハム粉を使ってやけるのかという心配がありました。

グラハム粉と全粒粉の違い

グラハム粉

で、グラハム粉と全粒粉の違いって?Wikiによると、

グラハム粉は胚乳を表皮や胚芽と分けてから胚乳は普通の小麦粉とと同じように挽き、表皮や胚芽は粗挽きにして混ぜ合わせる https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%A8%E7%B2%92%E7%B2%89

という製法の点で違っているようです。

っていうことは、全粒粉は分けずにそのまま挽くっていうこと?

見ためには、グラハム粉=粗挽き、全粒粉=細引きという感じです。

このサイトの説明がわかりやすいかも↓

グラハム博士が考案した粉だから、グラハム粉なのですね。

しかも、健康法とセットになっていたとは知りませんでした。

私はあのザクザク感がすきだけど、普通は好まれないというのもビックリ!

グラハム粉バージョンでのロデブ焼き実験

思いのほか、実験はスムーズで、高橋さんの元レシピより、グラハム粉の割合を多くしても上手に焼けました。

中はしっとり、皮はパリッとのパン・ド・ロデヴの風味はそのまま。

とっても嬉しい~♪♪♪

これからもこのレシピで食パン風のロデブを焼き続けます。

少なめイーストアレンジ/ロデブ風食パンレシピ

このパンが美味しすぎるから、パンはほとんど買って食べません。

*moetが使っているホームベーカリーの紹介はこちらから
【完璧に近い焼き上がり】少しのイースト&ホームベーカリーで焼くロデブ

-おつまみ
-

Copyright© おひとりワイン , 2019 All Rights Reserved.