おつまみ

【秋の味覚】松茸・エリンギ・椎茸などキノコにあうワインと料理

投稿日:

松茸

こんばんは、moetです。おひとりワインでは、贅沢すぎて試さない組み合わせ、松茸にあうワインと料理について考えてみたいと思います。

実家には、毎年、義兄から立派な松茸が送られてきます。画像が今年の松茸。我が家は毎年、すき焼き。

すき焼きだったら、赤ワインですが、今年は禁酒をしているので飲めなかった(涙)。来年に備えて、松茸に合うワインと料理をリサーチ。

松茸に合うワイン

以前にも紹介したワインジャーナリストの山本昭彦氏のおつまみワイン100本勝負 (朝日新書)によると、

ワインと料理の相性は、白っぽい料理には白ワイン、赤っぽい料理には赤ワインという「色合わせ」が大切

とのことなので、焼き松茸や松茸ご飯には、「泡」が合うのかな?お値段的な合わせ方をすると、スパークリングワインよりもシャンパン♡

となると、松茸の天ぷらとシャンパンという組み合わせもステキ♡

想像しただけでも贅沢な組み合わせですね。一生に一回ぐらい、おひとりワインで試してみたい。夢の100リスト(moetがやりたいことをまとめたリスト)に加えておこう。

キノコとワイン

夢はどんどん膨らみますが、現実的には松茸×シャンパーニュとういマリアージュは、おひとりワインでは難しいところ。

他のキノコとスパークリングワインなら、おひとりワインでも、どんどん組み合わせられそうです。

ワインのスペシャリスト、ウィラハン麻未さんによりますと、

白ワイン
土の香りの強くないきのこ エリンギ、えのきなどをバターを使うと、バターのキャラクターを持つシャルドネとの相性が良くなる。次のポイントは白トリュフ塩を使うこと。

エリンギやえのきをおいしいバターで炒めて、トリュフ塩をパラパラふって、シャルドネといただくって、想像しただけで、よだれが出ちゃいます。

赤ワイン
代表格は椎茸。椎茸の含め煮は熟成感の出てきた赤にぴったり。カジュアルに若いワインと合わせるなら、調理の際にバルサミコ酢を使うと、若いピノ・ノワールの果実味にマッチする。

って、こっちもめっちゃ簡単な料理じゃないですか。この秋、試してみたいっ。

秋の味覚にあうワインや料理をお探し中のあなたはこちらの記事もお勧め
【秋の味覚】栗にあうワインとおすすめレシピ
【レシピ)ワインにあう秋の味覚♡いちじく・なす・くるみの炒めマリネ

-おつまみ

Copyright© おひとりワイン , 2019 All Rights Reserved.