ワイン会 赤ワイン ¥1000~¥1999 ¥1000~¥1999 ¥1000~¥1999 白ワイン ¥2000~¥2999 ¥2000~¥2999 スパークリングワイン・シャンパーニュ ¥3000~

春のワイン会 日本ワインを飲む会~高畠ワイン編~(1)

投稿日:2017年4月29日 更新日:

高畠ワイン

こんばんは、moet(@ohitori_wine)です。

4月の始めにmoet家で日本ワインを飲む会~高畠ワイン編~を開催しました。

高畠ワイン

高畠ワイナリーは、山形県にある「観光も楽しめるワイナリー」。

ブドウの生育に適する年間平均気温が10~20度の温暖な地域。北半球の北緯30~50度、南緯20~40度がこれに当てはまります。

この2つの地域をワインベルトと呼びます。

高畠ワイナリーは北緯38度で、アメリカのナパバレーやギリシャなどと同じ緯度に位置するそうです。

山形県にはまだ行ったことがないので、山形に行ったら、絶対に高畠ワイナリーを訪れてみたいと思います。

私が初めて高畠ワインを飲んだのは、2014年の宮城県石巻市。

震災が起こるまで訪れたことがなかった東北に初めて訪れた時でした。

東日本大震災の復興支援、および震災の記憶を未来に残すために開催されているツールド東北という自転車のイベントに参加し、完走後のお祝いで開けた嘉yoshi スパークリング シャルドネでした。

それから嘉yoshi スパークリング シャルドネが大好きになり、名古屋のワインショップやデパートで見つけると必ず購入しています。

嘉yoshi スパークリング シャルドネ

嘉yoshi スパークリング シャルドネ
生産地:日本 山形県
生産者:高畠ワイナリー
ぶどう品種:高畠町産シャルドネ
タイプ:スパークリング 辛口

スパークリングシャルドネ以外のワインはなかなか飲む機会がなく、いろいろ飲んでみたいなぁと思っていたところに、数量限定の嘉yoshi スパークリング ピノ・シャルドネと星ヶ丘三越のワインショップで出会い、このワイン会の企画を思いつきました。

嘉yoshi スパークリング ピノ・シャルドネ

嘉yoshi スパークリング ピノ・シャルドネ
生産地:日本 山形県
生産者:高畠ワイナリー
ぶどう品種:高畠町産シャルドネ、ピノ・ブラン、ピノ・ノワール
タイプ:スパークリング 辛口

こちらのロゼスパークリング嘉yoshiスパークリング ロゼ ブリュットも数量限定です。

嘉yoshiスパークリング ロゼ ブリュット 

嘉yoshiスパークリング ロゼ ブリュット
生産地:日本 山形県
生産者:高畠ワイナリー
ぶどう品種:国産マスカット・ベーリーA主体
タイプ:スパークリング ロゼ 辛口

スパークリングワイン3本はすべて1,000円台!

とっても美味しいのにお値打ちなワインだと思います。

白ワインは2本用意しました。高畠ジャパネスク リースリングフォルテも星ヶ丘三越で購入。

リースリングフォルテは、日本固有のぶどう品種である「甲州三尺」と、欧州系品種「リースリング」の交配により生まれた品種だそうです。

高畠ジャパネスク リースリングフォルテ 

高畠ジャパネスク リースリングフォルテ
生産地:山形県
生産者:高畠ワイナリー
ぶどう品種: 山形県産リースリング・フォルテ
タイプ:白 辛口

高畠バリック シャルドネ樫樽熟成

高畠バリック シャルドネ樫樽熟成
生産地:日本 山形県
生産者:高畠ワイナリー
ぶどう品種:高畠町産シャルドネ
タイプ:白 辛口

赤ワインは、マスカット・ベリーAとブラック・クイーンとベーリー・アリカントAをブレンドしたジャパネスクベリーズブレンド、ピノノワール、カベルネソーヴィニヨンの3本。

高畠ジャパネスク ベーリーズブレンド 

高畠ジャパネスク ベーリーズブレンド
生産地:日本 山形県
生産者:高畠ワイナリー
ぶどう品種:山形県産ベーリー・アリカントA種、マスカット・ベーリーA種、ブラッククイーン種
タイプ:赤 辛口

ピノ・ノワールは自社農園のエステートランで育てられたもの。

高畠ワイナリー ピノ・ノワール ゾディアック

高畠ワイナリー ピノ・ノワール ゾディアック
生産地:日本 山形県
生産者:高畠ワイナリー
ぶどう品種:高畠町自社農園産ピノ・ノワール
タイプ:赤 辛口

高畠バリック TAKAKKI カベルネ・メルロー樫樽熟成

高畠バリック TAKAKKI カベルネ・メルロー樫樽熟成
生産地:日本 山形県
生産者:高畠ワイナリー
ぶどう品種:高畠町産カベルネ・ソーヴィニヨン、高畠町産メルロー、高畠町産プティ・ヴェルド
タイプ:赤 辛口

TAKAKKIというのは、高畠町公式マスコットキャラクター「たかっき」のことだそうです。

高畠町出身の童話作家、浜田広介の名作「泣いた赤おに」をモチーフとした赤おにのキャラクター。

青おには「はたっき」なんですよ。

ちなみに「はたっき」は、高畠バリック HATAKKI メルロー・カベルネ樫樽熟成でメルローに名づけられています。

こちらも用意したら、AKAKKIとHATAKKIを飲み比べられたのに残念。

以上、8本のワインは星ヶ丘三越と楽天のこちらのショップ日本の酒専門店 地酒屋 萬禄で買いました。

日本ワインがよく揃っているので、また、お世話になりそうです。

moet家のワイン会はお料理を持ち寄ってもらうポットラックパーティです。

みんなが美味しいものを持ってきてもらったので、そちらは次回ご紹介します。

★春のワイン会 moetが作ったおつまみ&ゲストの持ち寄り
春のワイン会 日本ワインを飲む会~高畠ワイン編~(2)持ち寄り料理

★前回のワイン会
\みんなでワイン/五島ワイナリー&鹿児島黒牛でワイン会(1)

\みんなでワイン/五島ワイナリー&鹿児島黒牛でワイン会(2))

-ワイン会, 赤ワイン, ¥1000~¥1999, ¥1000~¥1999, ¥1000~¥1999, 白ワイン, ¥2000~¥2999, ¥2000~¥2999, スパークリングワイン・シャンパーニュ, ¥3000~
-,

Copyright© おひとりワイン , 2019 All Rights Reserved.